« 清涼感あふれるミントゼリー | HOME | 7月の長岳寺に紫陽花を観賞 »

石上神宮の鶏に天照大神を想う

神様の使いをこの目で見ることができます。

パワースポット石上神宮では、神の使いである鶏があちこちで動き回っています。

石上神宮の鶏

樹上に佇む石上神宮の鶏

奈良県では動物たちが神の使いとして崇められています。

奈良公園の鹿、大神神社の蛇、石上神宮の鶏・・・神様は色々な姿形で私たちの前に降臨します。奈良公園の鹿は別として、厳密に言えば石上神宮の鶏や三輪明神の蛇は「眷属」ではありません。眷属ではないにしても、広く知れ渡るシンボルであることに違いはありません。

石上神宮の鶏

目を閉じる鶏。

布きれのはためく手水処の横、国宝拝殿へと上がって行く石段で気持ち良さそうに佇んでいました。眠っているのでしょうか?木に登っているかと思えば、参拝客の往来の激しい場所でじっとしていたり(笑) 実に様々な表情を見せてくれます。

以前から思っていたのですが、石上神宮の手水処に掛けられた白い布は、石上神宮の鎮座する布留という地名を意識しているのかもしれません。神剣を留めた不思議な布。その謎に満ちた布が、楼門手前の手水処で風になびいているのではないか?あくまでも個人的見解に過ぎませんが、そんな妄想が膨らみます(笑)

石上神宮の鶏

色々な種類の鶏が放し飼いにされています。

失礼致しました、”放し飼い”なんて神の使いに対して無礼な表現ですよね(笑)

鶏小屋

鶏小屋にも休憩している神鶏が数羽いました。

神聖な結界を表す紙垂(しで)が垂れ下がっていますね。

石上神宮の鶏が神様の使いである証です。

石上神宮の鶏小屋

正面から見ればこんな感じです。

背後に見えているのは、石上神宮の国宝・出雲建雄神社割拝殿です。建物の中心が通り抜けられるようになっている建築様式で知られます。馬が通る馬道(めどう)が施されているのですが、古来馬が大切にされてきた歴史がうかがえますね。

神社に奉納される絵馬も、元をただせば神様に奉納された本物の馬に行き着きます。寺社の門前には下馬札が掲げられ、鳥居の柱には馬を繋ぐ輪っかが見られます。全国の寺社境内のあちこちに、馬と人が歩んできた歴史が垣間見えます。

石上神宮拝殿

国宝の拝殿。

神々しい雰囲気に圧倒されます。

石上神宮の鶏

木の上でも悠然と構えていますね。
 
石上神宮の鶏はバランス感覚に秀でているのでしょうか。

石上神宮の鶏を見ると、古事記における天の岩屋戸のお話を思い出します。

弟のスサノオノミコトの狼藉に失望するアマテラス。スサノオの乱暴は度を越しており、祭殿に糞をしたり、逆剥ぎにした馬を服屋(はたや)に投げ入れて機織り女を殺してしまったりもしました。たまらなくなったアマテラスは天の岩屋の戸を開いて引き籠ってしまいます。

高天原はすっかり暗くなり、世の中は大変な混乱へと向かいます。

困り果てた神々は、天の安の河原に集まってそれぞれのアイディアを出し合い協議します。いい案がまとまり、いよいよ実行の時がやって来ます。その時に活躍するのが鶏なのです。

集められた常世の長鳴鶏(ながなきどり)を鳴かせて朝が来たことを知らせます。この時、鶏の鳴き声は何を意味するのでしょうか?

長い夜を終わらせて、朝の到来を知らせる鶏の鳴き声。それはまさしく、太陽であるアマテラスを蘇らせる合図とも言えるのではないでしょうか。どうも鶏には、太陽のパワーを呼び覚ますチカラが備わっているような気がするのです。

七支刀のクリアファイル

七支刀のクリアファイル

スタンダードなお守りもいいですが、こういう実用的なものもいいと思います。

普段は拝観することのできない石上神宮の国宝ですが、商品化して頂くと有難いですよね。常に身近に感じることができます。

太陽神(アマテラス)という意味では、石上神宮よりも大神神社の方にその関連性を見出します。かつてアマテラスが祀られた元伊勢の檜原神社に、三輪山の頂上に祀られる太陽の神様。

同じ山の辺の道の途上に鎮まる石上神宮は物部氏の氏神です。古代の武器庫というイメージに加え、「太陽を復活させる鶏」という観点でも注目してみたいと思います。

<石上神宮の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年07月05日 09:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「清涼感あふれるミントゼリー」です。

次の投稿は「7月の長岳寺に紫陽花を観賞」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.