« 仏像の印相 | HOME | 片山東熊 »

子規の庭

正岡子規が奈良に残した足跡を辿ります。

場所は「日本料理天平倶楽部」の裏庭にあります。

子規の庭 奈良観光

子規の庭。

国語の教科書でもおなじみの正岡子規の横顔。

夏目漱石とも交流があったようで、漱石とは対照的に前向きで明るい性格の人だったようです。

子規の庭 歌碑

子規の庭の奥の方 ~ 東大寺大仏殿を背景に正岡子規の歌碑が建てられています。

秋暮るる奈良の旅籠や柿の味

子規の庭のある場所は、その昔、對山樓(たいざんろう)という名旅館の敷地でした。

對山樓に宿泊した子規が、夕飯後に宿屋の下女に柿をむいてもらって食べたという逸話が残されています。

正岡子規の歌

正岡子規の有名な俳句 ”柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺” も記されていますね。

結核を患った子規が奈良を訪れたのは、明治28年の10月、子規28歳の秋でした。

時鳥(ホトトギス)が口を開けると、喉の赤いことが分かります。子規(ホトトギス)という名前は結核に由来していると言われます。運命を受け入れて前へ進んで行こうとする正岡子規の強い意志が感じられますね。

子規の庭

向こう側に見えるのが「日本料理天平倶楽部」の建物です。

子規の庭には、樹齢百数十年近い柿の古木が立っています。正岡子規の孫に当たる造園家の正岡明氏が設計した庭園です。

子規の庭の出入口

子規の庭の出入口には、こんな注意書きがありました。

奈良の鹿が、庭の新芽や花を食べてしまうんですね。子規の庭に出入りする際には心しておきましょう。

子規の庭 百日紅

子規の庭に咲く百日紅。

正岡子規が奈良で詠んだ句に ”大仏の足もとに寝る夜寒かな” があります。

ここは東大寺大仏殿のお膝元、子規が東大寺の大仏を身近に感じながら奈良でのひとときを過ごしていたことが分かります。

子規の庭

平成18年秋に柿の古木周辺を「子規の庭」として整備されたようです。

東大寺転害門や正倉院もほど近く、奈良散策のついでに是非立ち寄ってみたいおすすめスポットです。

車椅子入口 東大寺大仏殿の拝観~バリアフリーが進んでいます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年08月21日 08:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「仏像の印相」です。

次の投稿は「片山東熊」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.