« 古代米サラダ | HOME | 自然を体験する山の辺の道散策 »

玄賓庵の鶏頭

山の辺の道の途上にある玄賓庵

秋の境内を訪れると、鶏頭の花が咲いていました。

玄賓庵の鶏頭

パワースポット狭井神社から徒歩約15分、700mほど離れた場所に玄賓庵は佇みます。平安時代初期に、謡曲「三輪」にゆかりの玄賓僧都が隠棲していた庵として知られます。

玄賓庵山門

玄賓庵山門。

辺りはひっそりと静まり返っています。

美しい花 不動像

鶏頭のみならず、美しいピンク色の花(芙蓉)も境内を彩ります。

向こう側に見えるのは石像のお不動さんですね。

山門の木鼻

山門の木鼻(ぎばな)。

こういうのを見ると、なぜか心が落ち着きますよね。

鳩の瓦 蕪懸魚 玄賓庵

鳩の瓦でしょうか。

屋根の妻飾りはカブラの形をした蕪懸魚ですね。

玄賓庵の鶏頭

それにしても珍しい形の鶏頭です。

ヘラのような形状をしています。人間の足の形にも似ています(笑)

鶏頭の花の形は3種類に分類されます。

鶏のトサカのような形をしたトサカ系、羽毛のような形状で尖った形のルモーサ系、ビロードのような光沢を持つ毬状のクルメ系・・・写真の鶏頭はやはりトサカ系に分類されるのでしょうか。

蛙 玄賓庵

山門をくぐると右手で出迎えてくれる蛙の石像。

背中に子供を2匹乗せ、愛嬌たっぷりですね。

護摩壇 玄賓庵

護摩壇でしょうか。

松尾寺の柴燈大護摩壇を思い出しますね。

彼岸花 井寺池

桧原神社の近くにある井寺池の畔に咲いていた彼岸花。

毎年この時期になると、明日香村や山の辺の道エリアで数多くの彼岸花を見かけます。

三輪山とコスモス

三輪山とコスモス。

絵になる光景です。奈良のコスモスといえば、安倍文殊院や般若寺を思い浮かべますが、三輪山を背景に咲くコスモスも実に素敵!

玄賓庵の鶏頭 ケイトウ

再び、玄賓庵の境内に咲く鶏頭。

鶏頭の原産地はインドや熱帯アジア地域とされます。

地球温暖化の影響もあって、年々ヒートアップする日本の夏。ひょっとすると、鶏頭の花にとっても過ごしやすい気候になりつつあるのかもしれませんね。

玄賓庵の御本尊は本堂安置の木造不動明王坐像です。

拝観の際は、事前に電話連絡しておくのがいいと思われます。いつか近い内にお参りしてみようと思います。

<山の辺の道の玄賓庵関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年09月27日 16:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「古代米サラダ」です。

次の投稿は「自然を体験する山の辺の道散策」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.