大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 般若寺の水仙 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚 鶯塚古墳

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺 法起寺三重塔

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 宇太水分神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 飛鳥坐神社の蝋梅 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良のドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 秋の大神祭に見る神紋 | HOME | 回り石が鎮まる素盞鳴神社 »

黒髪山稲荷神社

奈良豆比古神社から南西の方角に、龍神信仰の名残が感じられる黒髪山稲荷神社が鎮座しています。黒髪山という名前から、何やら女性の怨念のようなものが見え隠れしますが、思った通りその類の逸話も残されているようです。

黒髪山稲荷神社

道路沿いに建つ黒髪山稲荷神社。

神社の北方には、奈良時代の女帝である元正天皇、元明天皇の御陵があります。さらに南東方向には、聖武天皇の第一皇子のお墓・那富山墓(なほやまのはか)が眠ります。奈良市街の北の山手に当たるこの地域は華やかな印象とはかけ離れ、時が止まったようにひっそりと静まり返っています。

黒髪山稲荷神社

京都の伏見稲荷大社のように何本も並んだ朱色の鳥居をくぐり抜けて境内に入ります。

小さな境内に、何やら魚のような石造物が見られました。どうやらここからも、水にまつわる神社であることが伺えます。黒髪山神社の祠の左側には白瀧神社が祀られており、白瀧大神の神岩がいくつか見られました。

黒髪山のクロカミは、「クラオカミ」の転じた言葉だとされます。「闇淤加美(くらおかみ)」とも書き、その別名を高龗神(たかおかみのかみ)と称します。龗(おかみ)とは龍神のことを意味し、「高」は山頂を、「闇(くら)」は谷をそれぞれ意味しています。

恵みの雨を降らし、長雨を止める神様として信仰されてきた龍神ですね。

歴史の道 般若寺

「歴史の道 般若寺」と書かれた石標。

人や車の往来も少ない場所ですが、のんびりとウォーキングを楽しむにはいいかもしれません。

奈保町

奈良豆比古神社から黒髪山稲荷神社へ向う途中、電柱に「奈保町」と書かれた標識を見つけました。

聖武天皇の子供のお墓を「那富山墓(なほやまのはか)」と言いますが、どうやら那富山(なほやま)は奈保山と同じことを意味しているんでしょうね。

黒髪橋

黒髪橋を渡って、いよいよ黒髪山稲荷神社へアクセスします。

既に閉園してしまいましたが、奈良ドリームランドにも近い場所だけに、より一層の寂寥感が募ります。往時の賑やかさが嘘のように、ドリームランド周辺も静けさを取り戻しています。

万葉集の歌

黒髪山稲荷神社の鳥居の左手に、万葉集の歌が記されていました。

「ぬばたまの 黒髪山の 山菅に 小雨降りしき しくしく思ほゆ」(万葉集巻11ー2456)

小雨降る黒髪山に、しめやかな心模様が映されています。飛鳥を散策していて見つけたことがありますが、「ぬばたまの」は「黒」や「夜」に掛かる枕詞ですよね。

この他にも、黒髪山を歌った詠み人知らずの歌が万葉集巻7-1241に残されています。

「ぬばたまの 黒髪山を 朝越えて 山下露に 濡れにけるかも」

黒髪山稲荷神社

奈良の昔話によると、黒髪山神社の祠の周りには、半紙で束ねた長い黒髪が幾つもぶら下げられていたそうです。もちろん、現在ではそのような光景は見られませんが、想像するだけでも薄気味悪いものがあります。

黒髪の正体は何だったのでしょうか。

その秘密は、昔の戦にあります。兵に髪を掴まれないようにと、あらかじめその黒髪を切ったという話が『古事記』に残されています。その切った黒髪を黒髪山に埋めたというお話・・・真偽のほどは定かではありませんが、この神社の魅力の一端に触れたような気が致します。

興福院 元明天皇陵

さらに道は興福院、元明天皇陵へと続いて行きます。

普段の奈良観光では訪れることのない神社だと思われますが、穴場観光スポットとして是非おすすめしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年10月26日 09:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋の大神祭に見る神紋」です。

次の投稿は「回り石が鎮まる素盞鳴神社」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.