大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 般若寺の水仙 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚 鶯塚古墳

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺 法起寺三重塔

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 宇太水分神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 飛鳥坐神社の蝋梅 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良のドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 大福遺跡の人骨に屈葬の理由を見る@桜井市立埋蔵文化財センター | HOME | 事代主神を祀る大行事社 »

鋳物師の活躍した金屋

三輪山の南の麓に金屋と呼ばれる集落があります。

金屋は三輪小学校区に入っているため、私も小学校時代には金屋出身の友人がたくさんできました。金屋という地名は、古くから鉄の製錬が行われていたことに由来します。

金屋の石仏

山の辺の道沿いにある金屋の石仏。

桜井駅から山の辺の道を出発すると、仏教伝来之地碑~海柘榴市観音堂~金屋の石仏~磯城瑞籬宮跡~平等寺~大神神社へと続きます。

私が三輪小学校へ通っていた頃は、初瀬川沿いに団地が出来たりして金屋は新興住宅地といった趣でした。しかしながら、川沿いから離れて三輪山の麓に近付くと、昔ながらの金屋の集落が今も残されています。山の辺の道はこの古い道を辿るルートになっています。

山の辺の道の案内板

山の辺の道を案内する道標。

金屋で活躍していた鋳物師(いもじ)は、北葛城郡の下田鋳物師と共に、中世大和の特権的な職業であったと伝えられます。製鉄の金屋に石の仏様とは、少しミスマッチな感はありますが、それぞれに金屋の歴史を今に伝える拠り所となっています。

金屋の石仏

二体ある金屋の石仏の弥勒様。

金屋という地名から、全く関係ないのですが、金田、金本、金沢等々の苗字を思い出してしまいます(笑)「金」と名の付く苗字のルーツは大陸の朝鮮半島にあると聞いたことがあります。当館にもよくお泊り頂いた考古学者の樋口清之氏の弟子に当たる人物に、苗字研究家の丹羽基二氏がいらっしゃいますが、丹羽氏の著作にも同じようなことが書かれていた記憶があります。

釈迦如来

金屋の石仏の釈迦如来様。

山の辺の道を北へ進んで行くと、同じく三輪山の麓に相撲発祥の地とされる相撲神社がありますが、そこの住所は穴師となっています。穴師にも、採鉱技術関係者が居住していました。

穴師は穴を掘り、採鉱に従事した部族の呼称です。

三輪遺跡の弥生式土器の包含層からも、鉄の精錬を匂わせるふいごの火口が発見されています。その昔、鋳物師(いもじ)が活躍していたであろう金屋の地を、歴史を再考しながら歩いてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年11月18日 11:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大福遺跡の人骨に屈葬の理由を見る@桜井市立埋蔵文化財センター」です。

次の投稿は「事代主神を祀る大行事社」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.