« 空室情報 空室状況 | HOME | 等彌神社紅葉と神之森アート展 »

磯城瑞籬宮跡の万葉歌碑

三輪から金屋の集落へ通じる道中に、崇神天皇の皇居跡と言われる磯城瑞籬宮があります。崇神天皇の陵は長岳寺の南側にあり、山の辺の道のハイキングルートにもなっていることで知られます。大型前方後円墳の崇神天皇陵は旅行ガイドブックなどでもおなじみですが、皇居跡と伝えられる磯城瑞籬宮を御存じの方はそう多くはないのではないでしょうか。

磯城瑞籬宮跡の万葉歌碑

磯城瑞籬宮跡の万葉歌碑。

境内の短い石段を登った所にありました。

山の辺の道美化促進協議会発行のパンフレットによれば、作者未詳・筆者山口誓子の万葉歌碑と紹介されています。山の辺の道には川端康成の筆による万葉歌碑もあり、日本が誇る文学者の名前があちこちに散見されます。淡白な文体で分かりやすく、私も若い頃には読み漁った武者小路実篤や、桜井市ご出身の考古学者であられる樋口清之氏の名前も見られます。

西側の摂社

拝殿向かって左側、西の方向に摂社が祀られていました。

「磯城島の 日本(やまと)の国に 人二人 ありとし思はば 何か嘆かむ」 

歌の意味はこうです。この大和の国に、私の愛しいと思う人が、もし二人も居ると思うのだったら、何をあれこれと嘆くことがありましょう。私の恋しい人はたった一人しか居ないものだから、あれやこれやと気を遣うことばかり多いのです。

「磯城島の」は大和に掛かる枕詞として知られます。このブログでも以前にご紹介した「そらみつ」も大和に掛かる枕詞です。大和を飾り立てる枕詞の多様性は、そのまま大和の憧憬へとつながっているのではないでしょうか。

紅葉

見事な黄葉ですね。

写真左の向こう側に、こんもりと見えている緑の杜が磯城瑞籬宮跡です。

金屋の石仏から平等寺へ向かう途中のポイントで撮影しました。このまま進んで行って、右折すれば平等寺、左折すれば磯城瑞籬宮跡へと続きます。つまり、磯城瑞籬宮跡は正規の山の辺の道ルートから少し外れた所にあります。

志貴御縣社

磯城瑞籬宮跡の鳥居には、「志貴御縣社」と書かれています。

磯城県主の祖である天津神饒速日命(あまつにぎはやひのみこと)を祀る式内社です。志貴御県坐神社(しきのみあがたにいます じんじゃ)と言います。「崇神天皇磯城瑞籬宮跡」の石碑が境内に建てられたのは大正年間だと言われます。そのことを考え合わせると、どうやらこの地は、志貴御県坐神社で通っていたのではないでしょうか。

拝殿

鳥居から真っすぐ北へ進んで行くと、正面に拝殿があります。

狛犬が両脇を固め、普通の神社と変わらぬ風情を感じさせます。

東側の摂社跡

拝殿東側の摂社跡。

何やら磐座のような物体がごろごろしていますね。

平等寺へ続く道

平等寺へ続く道。

竹やぶの生い茂った薄暗い道を進みます。長い道のりの続く山の辺の道の中でも、なかなか雰囲気のあるU字路として知られるルートです。

あなたの代わりになる人は居ない・・・そんな切実な思いが伝わって来る万葉歌碑です。大和国中(やまとくんなか)を見下ろす皇居跡で詠まれた歌なのでしょうか。磯城島の日本の国とは、実に広大無辺な広がりを感じさせる言葉ですね。

<山の辺の道の万葉歌碑>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年11月20日 07:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「空室情報 空室状況」です。

次の投稿は「等彌神社紅葉と神之森アート展」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.