大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良ドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 子取り狛犬を発見、紅葉ライトアップの等彌神社 | HOME | 意富加牟豆美命@等彌神社 »

天鈿女命の絵が展示される等彌神社社務所

紅葉ライトアップで賑わう等彌神社

社務所の中では、「神之森アート展」と題するイベントが開かれています。当館大正楼からも車で10分足らずでアクセスできる等彌神社。昨晩もマイクロバスでご来館頂いた団体客様に紅葉ライトアップのことを申し上げると、さっそく紅葉狩りにおでかけされました。

等彌神社へ向かう途中、神社の手前に「神之森」と書かれたバス停の標識を目にします。神様の鎮座する杜にふさわしい地名だなといつも思っています。

天鈿女命

神之森アート展で見つけた天鈿女命(アメノウズメノミコト)。

天照大神の天の岩戸神話で活躍したエロチックな女神として知られます。猿田彦大神の登場の場面でも、大巨人の猿田彦(サルタヒコ)に対峙する天鈿女命が描かれています。

猿田彦大神

等彌神社の境内に祀られる猿田彦大神。

正面の鳥居をくぐって参道を進むと、程なく左側にサルタヒコが祀られています。

祠の左手前には、方角を表す羅針盤のようなものが置かれていました。道先案内人を暗示するものなのでしょうか。サルタヒコの鼻の長さは120㎝もあったと言われています。まるで天狗のように長い鼻は、数多くの神々の中からサルタヒコを特徴づけています。猿田彦の鼻はやはり男根を象徴しているのでしょうか。

猿田彦大神の登場シーンでも、天鈿女命は服を脱いでいます。胸を露わにし、裳帯(もひも)をへその下に垂らして、からから笑いながら猿田彦大神に問い掛けている場面が出てきます。

等彌神社の紅葉

天鈿女命が服を脱ぐ理由は、魂を新たにするための「魂振り(たまふり)」の神事であるとも言われます。私はこの「魂振り」という言葉から、秋祭のイベントでおなじみのお神輿を連想します。ワッショイ、ワッショイとお神輿を揺すりながら練り歩くわけですが、あれも一種の魂振りです。

やはり空気が振動するのでしょうか?

神様を呼び起こすために、鈴や拍手で音を出すこともよくありますが、魂振りという動作も神様との意思疎通には必要なのかもしれません。

等彌神社拝殿

等彌神社の拝殿。

芸能の女神、日本最古の踊り子とも言われる天鈿女命。

天岩戸伝説の地となった天香具山も、ここ等彌神社からそう遠くは離れていません。桜井市から明日香村にかけて、神話の舞台は枚挙にいとまがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年11月24日 10:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「子取り狛犬を発見、紅葉ライトアップの等彌神社」です。

次の投稿は「意富加牟豆美命@等彌神社」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.