« 意味深な雰囲気を醸す和装ロケーション撮影 | HOME | 樹上完熟の柿にブリを合わせてみました »

宇陀の地名由来

水の神様として知られる宇太水分神社にご参拝。

宇陀郡から宇陀市に変わって久しいわけですが、宇陀という地名の表記には、実に様々なものが見られます。改めてその不思議な迷路に迷い込んでみます(笑)

宇陀市宇太地区公民館

宇太水分神社の鳥居近くにある宇陀市宇太地区公民館。

宇陀も宇太も、読み方はどちらも「うだ」です。その違いは一体何なんでしょうか、改めて疑問に思いました。

宇陀市宇太地区公民館

味のある建物が、国宝の鎮まる宇太水分神社の近くに佇みます。昭和の雰囲気を感じさせる昔懐かしい建物です。この辺り一帯を歩いていても、タリムマシンに乗って降り立ったような感覚に襲われます。

極楽気分、とでも言うのでしょうか(笑)

宇陀市菟田野区古市場

道路標識には、宇陀市菟田野区古市場と書かれています。

県道135号線の、宇太三茶屋線ですね。

区の名前は濁らずに、菟田野(うたの)と発音するようです。

う~ん、益々複雑になって参りました(笑)

宇太水分神社の下乗

宇太水分神社境内に立つ下乗のお札。

ここから先は乗り物から降りて下さいという意味ですね。昔は馬から、今なら車から降りて下さいという意味になります。おそらく自転車からの降車も要求されているのだと思われます。

大和の古い諺に、「国の始まり大和、群の始まり宇陀郡(うだごおり)」というのがあります。そう、郡の起源は宇陀の地にあったのです。表記法は様々で、宇陀・宇太・菟田・宇田・雨多等々が見られます。

宇太水分神社

水の神様が祀られる神社だけに、雨多(うだ)という漢字表記にも納得がいきます。

かく言う私の苗字も「宇田」です。

自分の名前には興味が涌くもので、「広い田圃で宇田」と、小さい頃から記憶していました。「宇」という漢字には広大なイメージがあります。宇宙もそうですよね。あるいは、宇田のウは単なる接頭語なのではないかとも言われています。

芳野川

宇太水分神社の近くには芳野川が流れています。

「ウダ」は阿陀(あだ)と同じで、河川流域の耕作地帯を示す地名ではないかと、池田末則氏の「奈良の地名由来辞典」に記されています。田圃に水を引かなければいけないことを考えると、宇田という苗字にも通じるものがあります。

奈良県五條市栄山寺の東の方に、阿陀(あだ)という地名が残されています。

吉野川の南・北岸にある地名で、「神武紀」には天皇に帰順した贄持(にえもつ)の子孫が鵜飼の漁法を用いて生活していたと記されているそうです。吉野川の鮎を天皇に献上していたのでしょうか?生贄にする魚や鳥を捕える人を贄人(にえびと)と言うわけですが、鮎には神聖なイメージが付きまとうだけに、何やら意味深なものを感じます。

宇陀の「ウ」と鵜飼の「ウ」にも、何か関係があるのでしょうか。

宇太水分神社の鳥居

宇太水分神社の鳥居。

色々と探ってみましたが、水と関係していることだけは間違いがなさそうです。

奈良を訪れたことのある人でも、宇陀市の観光を体験された方はそう多くはないのではないでしょうか。私の住む桜井市内よりも、さらに奥深い大和の地が宇陀市内です。桜のシーズンには又兵衛桜が人気を集めていますが、サッカーの神様として知られる八咫烏神社なども見所の一つです。

宇陀の地名由来をかみしめながら、再度宇陀の地を訪れてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2012年12月11日 10:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「意味深な雰囲気を醸す和装ロケーション撮影」です。

次の投稿は「樹上完熟の柿にブリを合わせてみました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.