大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良ドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 鏡王女の万葉歌@桧原神社休憩処 | HOME | 十輪院地蔵菩薩に三道を拝観 »

茅原大墓古墳から眺める大和の風景

桧原神社から西へ下り、そこから南へとって大神神社の参道へ戻る途中、右手にこんもりと盛り上がる墳丘を見つけました。その墳丘が国の史跡に指定されている茅原大墓古墳であることを、道路脇の案内板で知ることになります。

茅原大墓古墳。

古墳の名前は以前から聞いていましたが、墳丘に登るのは今回が初めてでした。

箸墓古墳

茅原大墓古墳の墳頂から見る箸墓古墳。

北西方向に箸墓古墳、南西方向に大和三山や大神神社の大鳥居、そして東には神体山の三輪山を望みます。大和の風景を楽しむには格好の、隠れたビュースポットではないでしょうか。以前まで墳頂部分には木々が生い茂っていた記憶がありますが、今ではすっかり綺麗に刈り取られています。

お陰さまで360度の風景を満喫することができます。

大和三山と大神神社の大鳥居

やはりこの角度が一番おすすめです。

大和三山、三輪明神の大鳥居を眼下に収めます。

大和平野に太陽の光が当たって、神々しく浮かび上がる姿はまさに絶景です。

茅原大墓古墳は帆立貝式の前方後円墳として知られます。帆立貝式とは一体どういうことかと申しますと、要するに前方後円墳の方墳部分が短いのです。大きな円墳に小さな方墳がくっ付いているような形をしています。その独特のフォルムゆえに、帆立貝式前方後円墳と呼ばれています。

会席料理のお造りに帆立を中盛りにすることがよくあるのですが、まずは大根のけんを下に敷いて、その上に帆立の貝殻を斜めに立て掛けます。

その際に、丸く弧を描いた部分を上にします。蝶番(ちょうつがい)に当たる部分を下にして末広型に見せるわけですが、この蝶番に相当するのが帆立貝式前方後円墳の前方部分というわけですね。

茅原大墓古墳

桧原神社から大神神社参道へ戻る途中、神御前神社の手前右側に茅原大墓古墳はあります。

1982年と言いますから、昭和57年に国の史跡に指定されています。

最近になって、日本最古の人物埴輪と言われる盾持人埴輪(たてもちびとはにわ)が出土したことでも知られます。

盾持人埴輪は古墳の端っこで出土したようですが、盾を持って外を向いた格好で発見されました。古墳を守る目的で埋められたことが想像されます。お寺で言えば、南大門で睨みをきかせる仁王像のような役割でしょうか。神社に置き換えるなら、結界を表す注連縄や紙垂の役目を果たしていたのではないでしょうか。

昔はお偉いお方がお亡くなりになると、その道連れで殉死させられる人が多くいたと云います。生きた人間を埋めるのが果たして良いことなのだろうかということで、その身代わりとして埴輪が創案されました。埴輪の立案者は、相撲の始祖として知られる野見宿禰(のみのすくね)です。

茅原大墓古墳の階段

茅原大墓古墳の墳丘に巡らされた階段。

ここを登って行くと、頂上の展望台に辿り着きます。観光客向けに展望台と銘打っているわけではないので、穴場のビュースポットということにしておきましょうか(笑)

埴輪をお墓に埋めることを創案した野見宿禰ですが、長谷寺近くの十二柱神社の境内に顕彰碑が建っています。野見宿禰が垂仁天皇の前で相撲を取った場所は、茅原大墓古墳にも程近い相撲神社の境内に残されています。

埴輪に縁の深い野見宿禰ゆかりの地が、茅原大墓古墳の周辺に点在しているのも面白いですよね。

三輪山

墳丘の頂上から三輪山を望みます。

盾持人埴輪出土に湧いた茅原大墓古墳の現地説明会には残念ながら参加することができませんでしたが、大和路紀行でおなじみの「かぎろひNOW」に現説レポートが紹介されていますのでご興味がおありの方はどうぞご参照下さい。

こうやって三輪山を眺めていると、古代の人たちがいかに三輪山を大切に思ってきたか。そのことに思いが至るのです。大和のあらゆる風景の中に、見事に溶け込んでいる三輪山の存在を改めて思います。

<茅原大墓古墳の周辺古墳案内>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年01月23日 07:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「鏡王女の万葉歌@桧原神社休憩処」です。

次の投稿は「十輪院地蔵菩薩に三道を拝観」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.