« 大美和の杜展望台に訪れる春 | HOME | 脳天地蔵尊を馬場本村に参詣 »

春の講社崇敬会大祭前に紙垂の掛け替え

春の講社崇敬会大祭が催される前日に大神神社にお参りして来ました。

私は仕事柄、イベント当日にどうしても外出することが叶いません。その代わりに、イベントの準備風景には運よく出くわすことがあります。大神神社の境内に全国各地より数多くの講社・崇敬会員が祭典に参列する祭りとあって、その最終チェックにも余念がありませんでした。

紙垂の掛け替え

拝殿の斎庭手前の注連縄に、新しい紙垂(しで)が掛け替えられていました。

俗界と神域を隔てるボーダーラインに見られる注連縄と紙垂。

文字通り紙が垂れている状態の紙垂(しで)。

桜の開花のニュースが日本列島を賑わせていますが、枝垂れ桜の「しだれ」と、結界に垂れ下る紙垂の「しで」は同じ語源に属します。「垂れ下がる美」とでも言うのでしょうか、たおやかに頭上に垂れ下がるものに、私たちは自然と親しみを覚えているような気が致します。

紙垂の掛け替え作業

紙垂の掛け替え作業。

今年は伊勢神宮の式年遷宮の年に当たります。20年に一度、新たなものに造り替えるという大変なお仕事です。神社には、常若の精神が尊ばれると言います。常に若く居続ける常若(とこわか)という言葉の響きに瑞々しいエネルギーを感じます。

若さを保つ努力は、人間に限ったことではないんですね。

式年遷宮に比べれば、ほんの小さなお仕事だとは思われますが、祭事の前の紙垂の掛け替え作業も、その源を辿れば常若の精神にさかのぼっているのではないでしょうか。

千本杵餅つき

祈祷殿の向かって右側では、千本杵餅つきの準備が整っていました。

巫女さんたちが右に左にと、忙しそうに走り回っておられます。

春の講社崇敬会大祭

信仰の輪が広がる春の講社崇敬会大祭。

大神神社社務所発行の「かぎろい」3月号の記事を以下に抜粋させて頂きます。

祭典では、「みわ鈴」を自身の手の中に包み込み、心を込めて振り鳴らす「むすびの鈴行」が奉仕され、続いて「大祓詞(おおはらえのことば)」「神拝詞(しんぱいし)」「いのりの詞(ことば)」を、宮司にあわせて全員で唱和し、殿内には清々しい空気が張りつめます。

また、この祭典にあわせ、祈祷殿前では、青年会の和太鼓の奉納演奏、振る舞い酒、バザー店など多くの催し物が行われ、参拝者を楽しませてくれます。

大神神社のお守りとして以前に購入したみわ鈴

春の講社崇敬会大祭では、私の手元にあるこの「みわ鈴」が活躍するのでしょうか。おそらく同じものだと思われますが、鈴の音には神様と人とを結び付ける不思議なチカラがあることだけは間違いがなさそうです。

祈祷殿前

祈祷殿前。

いつもとは違った光景に、イベント前日の緊張感が漂います。

大神神社参道の馬酔木

大神神社参道の馬酔木。

二の鳥居をくぐって、拝殿へ向かう参道の左脇に馬酔木の花が咲いていました。

参拝の作法として定着しているのでしょうか、参拝客のほとんどが左側通行の暗黙のルールに従います。

紙垂の掛け替え作業

拝殿へ続く石段を上って行くと、紙垂の掛け替え作業が行われていました。

神様とのご縁を結ぶ前に手水舎で身を清める私たち。常に新たな状態にして神様の前に進み出るのは、人も道具も同じことのようです。

講社崇敬会大祭の幟旗

幟旗が祭りの雰囲気を煽ります。

振る舞い酒もあるんですね。

さすがにここは酒の神様として仰がれるお社です。

千本杵餅つき

千本杵餅つきの文字が見えます。

やはりおめでたい日にはお餅ですね。吉日にお餅は日本人の定番です(笑)

紙垂の掛け替え

春の講社崇敬会大祭の2日目には、大神神社の摂社・玉列神社に於いて椿まつりが催されます。慈恩寺の境内にあった巨木が印象に残っていますが、改めて大神神社の境内の広さに気付かされます。

当館では、春の講社崇敬会大祭に合わせて数組のお客様にご宿泊頂きました。遠隔地からイベントに参加される信者様のお宿としてもご利用頂いております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年03月24日 10:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大美和の杜展望台に訪れる春」です。

次の投稿は「脳天地蔵尊を馬場本村に参詣」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.