大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 般若寺の水仙 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚 鶯塚古墳

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺 法起寺三重塔

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 宇太水分神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 飛鳥坐神社の蝋梅 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良のドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 璉珹寺のニオイバンマツリ | HOME | 杉の新芽を若宮神社に観察 »

衣掛杉に三輪の神を拝む

初夏の清々しい日差しの下、大神神社の境内を散策してみます。

手水舎から拝殿へ上がる石段の手前を右に曲がると、覆い屋根の下に御神木が鎮まります。私が幼少の頃からずっとこの場所に鎮座している御神木です。

衣掛杉

衣掛杉(ころもがけのすぎ)。

大神神社参拝の際には、つい見落としてしまいそうな場所にひっそりと佇みます。衣掛けの杉と言うからには、杉の木に衣が掛けられた逸話が残されているわけですが、その衣の持ち主は山の辺の道のルート上にある玄賓庵で知られる玄賓僧都です。玄賓僧都の衣が掛けられていた・・・なぜなのでしょうか?

ささゆりと衣掛杉

衣掛杉の前にはささゆりが植樹されていました。

ささゆりの開花はやはり6月以降になりそうです。

三輪山の麓に庵を結ぶ以前は、興福寺に居たと伝えられる玄賓僧都。

現世の欲望を捨てて、三輪の地に住まうことになった玄賓僧都。そこへ樒(しきみ)と閼伽水を求めて美女が通って来たと言います。秋も深まる頃に訪れた美女は、寒さをしのぐための衣を玄賓僧都に求めました。求めに応じて衣を差し出したわけですが、気になって後を追ってみると冒頭の杉の木に自身の衣が掛かっていたというお話です。

そう、その正体は三輪の神様であったと伝えられます。

シャガ

大礼記念館の入口近くに綺麗なシャガが開花しています。

謡曲「三輪」に由来するお話として語り継がれているわけですが、どこか三輪山伝説と似たストーリー性を感じます。どちらも後を追ってみれば、三輪の神様に行き着くというお話です。

衣掛杉

衣掛杉に近寄ってみます。

中は空洞なんですね。湿気の感じられる場所だけに、衣掛杉には苔が生えています。独特のうねりが歴史の躍動感を感じさせます。

衣掛杉は安政4年に落雷に遭い、今はもう枯れてしまっている御神木です。幹周りが10mと言いますから、巨木であったことがうかがえます。この古株は三輪の七本杉の一つに数えられます。

おだまき杉や志るしの杉は有名ですが、この他にも二本杉、門杉、燈明杉、飯杉などの御神木が今に伝えられています。

大神神社の銀竜草

衣掛杉からも程近い場所に、大神神社の銀竜草が見られます。桜や牡丹などの華やかな花とは一線を画する珍しい植物です。

三輪明神の神詠として古今和歌集に伝わる歌があります。

「我庵(わがいほ)は 三輪の山本 恋しくば とぶらいきませ 杉立てる門」 この歌の中の ”とぶらふ” とは、古語で「訪(とぶら)ふ」を意味します。訪ねて来て下さいといったニュアンスになりますね。

衣掛杉

三輪山伝説では、三輪の神は男性として登場しますが、謡曲「三輪」では女性として登場しています。共通しているのは、男女が物語に描かれていることでしょうか。衣掛杉は何を物語るのか?

縁結びの神様として結婚式会場としても注目を集めている大神神社。その一端を垣間見るような気も致します。

大神神社のつつじ

つつじの花が満開を迎えています。

蜜蜂がごそごそと花の中に潜り込み、季節の躍動感を参拝客に披露しています(笑)この時期ならではの清々しさを感じますね。

衣掛杉

三輪の神は雷神か、はたまた太陽神なのか。

蛇に姿を変えたり、美女になって出現したりとその伝説は多岐に渡ります。そのどれもが真実で、遥か彼方で一つに結び付いているのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年05月13日 10:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「璉珹寺のニオイバンマツリ」です。

次の投稿は「杉の新芽を若宮神社に観察」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.