« 楓の種が美しい新緑の長岳寺 | HOME | 飛鳥散策にカラスノエンドウを見る »

還暦祝いの食事に赤いビーツの煮物

還暦祝いのお食事に、赤いビーツの煮物をお出し致しました。

長寿祝いの中でも、”再び赤ちゃんに還る” ことを意味する還暦。

魔除けの願いを込めて赤い産着を身に付けていた昔の赤ちゃん。神社の鳥居の両脇に、赤い前掛けをした狛犬をよく見かけますが、あの赤色にも魔除けの意味合いが込められています。

ビーツの煮物

ビーツと大根の煮物。

白い大根をビーツの赤い色に染めています。

ビーツを料理する際、本来は赤い色素が流れ出ないように皮ごと茹でることが多いのですが、今回は敢えて皮をむいてから大根と一緒に煮ています。還暦を象徴する赤い色を表現した料理に仕上がりました。

ビーツ

明日香村の農産物直売所で購入したビーツ。

その燃えるような赤い色から、火焔菜(かえんさい)とも呼ばれるアカザ科のビーツ。

直売所の方が、ビーツの葉っぱを浅漬けにしたらとても美味しかったとおっしゃっていました。ロシア料理のボルシチで知られる野菜ですが、奈良県内でも収穫されていることに意外性を感じました。

ビーツ 火焔菜

ビーツの皮を剥いてみました。

手に赤い色素が付着します。ビーツ特有の赤い色はベタシアニンという色素から成ります。

ビーツの断面

ビーツの断面。

自然の美が感じられますね。

甘味の感じられるビーツの根には、ショ糖が多く含まれています。ビーツはサトウダイコンの仲間とされますが、その土臭さを伴う独特の甘味を持ち味とします。基本的に酢との相性は抜群で、酢漬け料理の材料にもおすすめ致します。

ビーツの煮物

着色料は一切使用しておりません(笑)

あくまでも自然の発色です。かつおと昆布の出汁、それにえんどう豆を煮出した出汁で煮ています。日本料理の食材としても十分に楽しめそうです。

大神神社のアッツザクラ

大神神社の参集殿脇にアッツザクラの花が咲いていました。

還暦祝いの色を感じさせるアッツザクラ。ややピンク色がかっていはいますが、新たに生まれ変わる還暦をお祝いします。

ビーツの葉

ビーツの葉っぱ。

ビーツ、ビーツと私たちは言っていますが、フランス語では betterave (ベトラーヴ) と言います。地中海沿岸を原産地とする野菜のようで、寒冷地のイメージのあるロシアとは少しかけ離れていますよね。

明日香村から仕入れた時期は初夏の五月でした。暑さを感じる時期でもあり、地中海沿岸というのも頷けるような気が致します。

ビーツの煮物

還暦祝いのお食事のご予算ですが、大体お一人様5,000円ぐらいからとなります。

長寿祝いのプレゼントにおすすめしたいのが、日本酒の彫刻名入れボトルです。お好きなメッセージを入れて頂き、お祖父様お祖母様に贈ってみてはいかがでしょうか。はじけんばかりの笑顔と共に、きっとお喜び頂けるものと思われます。

長寿祝いのお食事は、奈良県桜井市三輪の料理旅館大正楼にて承っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年05月22日 13:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「楓の種が美しい新緑の長岳寺」です。

次の投稿は「飛鳥散策にカラスノエンドウを見る」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.