« 藤原宮跡に開花するアザミ | HOME | おふさ観音のお守りにデザインされた薔薇 »

大和七福八宝めぐりで恵比須天を仰ぐおふさ観音

大和国一之宮の大神神社を中心とする大和七福八宝めぐり。

橿原市のおふさ観音には、商売繁盛の神として知られる七福神の恵比須天が祀られています。

おふさ観音の恵比須尊社

おふさ観音の恵比須尊社。

バラまつり開催中のおふさ観音を拝観した際、本堂向って左手に祀られている恵比須様を発見致しました。私の個人的な感覚では、えべっさんと言えば、三輪山の麓に鎮座する三輪坐恵比須神社なのですが、なぜか大和七福八宝めぐりに名を連ねているのは薔薇の名所として知られるおふさ観音なのです。

おふさ観音の恵比須天

お馴染みの格好で座していらっしゃいます。

バラまつりの後には風鈴まつりが催されるおふさ観音

様々な催し物で参拝客を集めるおふさ観音のことを思えば、商売繁盛の恵比須様とのつながりも納得ができるような気が致します。

恵比須尊社と大師堂

恵比須尊社と大師堂。

本堂の左手には、向かって左から三宝荒神堂、恵比須尊社、大師堂が並び建ちます。

広大な敷地面積を誇る藤原宮跡を見学してきた後だけに、こぢんまりとしたおふさ観音の境内が実に対照的です。最寄駅はJR畝傍駅で、これまた広大な面積を誇る橿原神宮とも割と近い場所に位置しています。

おふさ観音の干支絵馬

今年の干支である巳が描かれた干支絵馬。

バラにも色々な種類があるんですね。境内には所狭しと、立体的な工夫が凝らされた薔薇のディスプレイを見ることができます。

鐘楼堂と山門

鐘楼堂と山門の方向を望みます。

山門前の道路を東へ進むと、藤原宮跡や御厨子観音(御厨子神社)へと続きます。

恵比須尊社

二頭の狛犬が恵比須尊社を守ります。

恵比須様は大神神社に祀られる大物主神の御子であると伝えられます。ここおふさ観音からも、遥か北東方向に三輪山を望みます。三輪山麓と言うには少し離れているような気も致しますが、広く見積もれば、藤原宮跡を含めたおふさ観音周辺も三輪山麓に入るのかもしれません。

おふさ観音の恵比須尊社

開花前のバラの蕾。

大和七福八宝霊場は、大黒天の長谷寺、福禄寿神の談山神社、弁財天の安倍文殊院、毘沙門天の朝護孫子寺、布袋尊の当麻寺中之坊、寿老神の久米寺、恵比須天のおふさ観音、そしてこれらの七福を倍増させる七福倍増の大神神社から形成されます。

恵比須尊天社

奈良観光の一つの切り口として押さえておきたい大和七福八宝巡りですが、霊場巡りは次に訪れる寺社への思いを募らせますよね。

<おふさ観音の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年06月03日 09:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「藤原宮跡に開花するアザミ」です。

次の投稿は「おふさ観音のお守りにデザインされた薔薇」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.