« 大和七福八宝めぐりで恵比須天を仰ぐおふさ観音 | HOME | おふさ観音のお守りにデザインされた薔薇 »

大黒天立像を長谷寺大黒堂に拝観

大和七福八宝めぐりで参詣した奈良の長谷寺。

長谷観音が安置される本堂の西側に、大黒天立像を収める大黒堂があります。私が訪れた日は、「大和七福神八宝霊場 福徳大黒天慶讃法要」が催されるちょうど三日前でした。

長谷寺大黒堂

長谷寺大黒堂。

大黒堂の左手前には除幕式を待っているのか、ブルーシートのようなものが掛けられていました。

大黒様と言えば、大神神社の大物主命のことを思い出します。インドのヒンズー教の最高神であったシヴァ神が日本へ伝来した後に、神道の大国主命と神仏習合したと伝えられます。開運招福と書かれた大神神社の盾にも、米俵の上に立つ大黒様が描かれています。

長谷寺の大黒天立像

大黒堂に祀られる大黒天立像。

長谷寺の大黒天立像の像高は4尺5寸。大神神社で見た大黒様と同じように米俵の上に立ち、左手に福袋を携え、右手に打ち出の小槌をお持ちになられています。福耳に切れ長の目、大きな鼻に笑みをたたえた口元が印象的です。

長谷寺本坊の牡丹

長谷寺本坊の牡丹。

大和七福八宝めぐりに便利な切符が近鉄主要駅で発売されていることもあり、たくさんの参拝客で境内は賑わっていました。

大黒天のぼり奉納

大黒天のぼり奉納を案内する看板。

インドに伝わるシヴァ神の外見は大黒天とは似ても似つかぬものですが、その源は同じであることを再認識致します。破壊の神であったシヴァ神が、国造りの神として崇められる大物主神へと引き継がれていきます。表裏一体と申しますか、どこかで両極端は一致するものなのかもしれません。女神であったシヴァ神にも、新たなものを生み出すパワーが秘められていたのでしょう。

新緑の長谷寺五重塔

新緑に映える長谷寺五重塔。

長谷寺の紅葉風景ではおなじみの撮影ポイントです。

本堂周りの回廊をぐるっと右に回り込むと、左手に大黒天立像が安置される大黒堂が見えて参ります。大和七福八宝霊場に名を連ねる小房観音の恵比寿天も福々しいお顔をされていましたが、長谷寺の大黒天立像も見るからにご利益に授かれそうなお顔立ちです。

長谷寺の入山料は大人・中高生500円、小学生250円となっています。

<奈良の長谷寺観光ガイド情報>

長谷寺の天狗杉 天に向かって真っ直ぐに!
長谷寺の駐車場 仁王門近く、駐車料金は500円
本長谷寺と後長谷寺の歴史を拝観 銅板法華説相図
長谷寺の二本の杉 源氏物語「玉鬘」に登場
長谷寺の日限地蔵を能満院に参拝 ひぎりじぞう
長谷寺の梵鐘 除夜の鐘が撞かれます
天落神六社権現 長谷寺の上手に鎮座するお社

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年06月04日 08:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大和七福八宝めぐりで恵比須天を仰ぐおふさ観音」です。

次の投稿は「おふさ観音のお守りにデザインされた薔薇」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.