« 丸窓亭を浅茅ヶ原に見る | HOME | 八重額あじさいが見頃の矢田寺 »

醍醐池の桜並木に建つ供養塔

藤原宮跡を訪れた際、藤原宮跡の北側に水をたたえる醍醐池へと足を運んでみました。

「醍醐町総代」と書かれた案内板を右手に見て、桜並木の間を北へ進んで行くと、突き当たりに観音様らしき像が建っていました。

醍醐池の桜並木

醍醐池の桜並木。

醍醐池は桜の名所としても知られており、毎年桜の季節にもなると、満開の桜の木の下で数多くの人が花見を楽しむレジャースポットにもなっています。そんな楽しい場所になぜ供養塔が建てられているのでしょうか。

醍醐池の供養塔

醍御池の北西隅に建つ供養塔。

木々に囲まれ、とても優しい表情をしておられます。

人有り 我有り

供養塔の下に石碑が刻まれています。

「人有り 我有り」と題された石碑には、醍醐町の言い伝えが記されています。どうやら醍醐池には、数多くの方々が埋葬されてきた歴史があるようです。

行商でこの地を訪れた際に倒れてしまった方々、さらには封建時代が故に公にできないという理由で、この場所に埋葬された人々、そんな方々の思いの詰まった場所であることを改めて知らされました。

耳成山

醍醐池の畔から北の方角を望むと、そこには大和三山の耳成山が見えます。

大和三山に囲まれた風光明媚な藤原宮は、今も昔も変わらずにこの場所に居続けています。

香久山

醍醐池から南東方向に目をやると、これまた大和三山の香久山を望むことができます。

藤原京資料室でボランティアガイドの方もおっしゃっていましたが、藤原宮の面積は実に広大で、今居る醍醐池の辺りもお宮の中にすっぽりと入ってしまいます。

藤原旧跡保存という名目で、醍醐池が地元の方の手を離れていくのは致し方の無いことなのかもしれません。文化庁への働きかけも続けられているようですが、供養塔には醍醐町に住まう方々の思いが込められています。

おふさ観音本堂

醍醐池から西へ徒歩5分余りで、薔薇の名所として知られる小房(おふさ)観音があります。

イングリッシュローズをはじめとする様々な種類の薔薇を楽しみながら、醍醐池に葬られた昔の人たちのことを思います。

藤原宮跡から望む香久山

藤原宮跡の敷地内から望む香久山。

長谷寺、談山神社、安倍文殊院、大神神社、石舞台古墳など、有名どころの桜を愛でるのもいいですが、藤原宮跡と共に歴史を歩み続けてきた醍醐池の畔で花見を楽しむのも、また違った味わいがあるのではないでしょうか。

醍醐池の桜

桜並木の桜がフェンスを超えて、勢い良く醍醐池の方へ張り出しています。

人有り 我有り。自分が今有るのはなぜなのか?普段は深く考えることもないテーマではありますが、醍醐池にそっと寄り添う桜の木を見ていると、地元の方の思いに寄り添っているような気がして参ります。

醍醐池の供養塔

伝えていきたい思い。

醍醐池の供養塔には、歴史の表舞台には出てこない、深い真実が込められているのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年06月17日 11:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「丸窓亭を浅茅ヶ原に見る」です。

次の投稿は「八重額あじさいが見頃の矢田寺」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.