大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 般若寺の水仙 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚 鶯塚古墳

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺 法起寺三重塔

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 宇太水分神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 飛鳥坐神社の蝋梅 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良県旅館大正楼(桜井市宿泊施設)

三輪明神 大神神社

奈良のドレスサロン アトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 神宝神社に祀られる熊野三神 | HOME | 法起寺三重塔に飛鳥時代を偲ぶ »

矢田寺遍路道を同行二人で歩く

紫陽花で有名な矢田寺の裏山には遍路道が広がります。

遍路道といえば、菅笠をかぶって白装束姿で歩くお遍路さんを想像しますが、矢田寺遍路道は四国八十八箇所霊場を模したミニ霊場であり、普段着のままで歩いておられる矢田寺参詣客をよく見掛けます。

矢田寺遍路道

矢田寺遍路道。

本堂の左手からぐるっと裏山を回るウォーキングコースが整備されており、大和平野を一望できる遍路道として人気を呼んでいます。大正時代に作られた遍路道ですが、一時は歩く人も少なく、長い歴史の中で荒廃を余儀なくされていました。保存会の方々によって蘇った矢田寺遍路道。矢田寺参拝の際には、時間が許せば是非歩いてみたいものです。

矢田寺の紫陽花

矢田寺の紫陽花。

綺麗なあじさいの花を見ていると、日本列島に毎年梅雨が到来することを素直に喜べます。移ろいゆく紫陽花の彩りに、人の世のはかなさを重ね合わせます。

矢田寺遍路道

「お大師様と二人づれ」と書かれたプレートを見つけました。

幾多の困難が待ち受ける長い道のりも、弘法大師空海様と共にあると思えば心強いものです。四国八十八箇所霊場巡りにおいては、同行二人(どうぎょうににん)という言葉が広く知られます。

矢田寺遍路道の距離は一周4.5㎞。所要時間はおよそ1時間30分~2時間とされます。遍路道の中間地点には休憩小屋も用意されていますので、初心者の方でも安心して歩けるコースではないかと思われます。

弘法大師八十八ヶ所霊場

弘法大師八十八ヶ所霊場の石標。

矢田寺遍路道には無数の石仏が並んでいます。

矢田寺舎利堂

紫陽花と舎利堂の風景。

どこかの本で読んだフレーズが蘇ります。「私の前に道は無い。私の後ろに道は広がる」。そんな意味合いの言葉でしたが、八方塞がりの青春時代にはとても印象に残る言葉であったことを思い出します。先駆者たらんパイオニア精神にあふれていて、当時の私の座右の銘にもなりました。

目の前に広がる荒野。目の当たりにして立ちすくんでしまいそうになるところを、勇気を振り絞って開拓していく。その気概も必要ですが、長い道程の途中にはくじけそうになることも度々あるはずです。そんな時に、同行二人が心強い支えになるのではないでしょうか。

同行二人

矢田寺遍路道に掛かっていた同行二人のプレート。

「人」という漢字の成り立ちが、人同士が支え合っている姿に由来しているとよく言われます。確かにそういうものなのかもしれません。

矢田寺の地蔵と紫陽花

紫陽花と共に矢田寺を象徴するお地蔵様。

境内の至る所にお地蔵さんの姿が見られます。

矢田寺の紫陽花

四国まで足を運べない方々のために作られたであろう矢田寺遍路道。

お遍路の疑似体験が出来る山道は、ふらっと立ち寄った矢田寺参詣客をも快く出迎えてくれます。健康増進をテーマに高齢者のウォーキングコースとしても定着していくのではないでしょうか。

矢田寺遍路道 世界遺産

世界遺産と書かれていますね。

お寺の裏山に広がる遍路道という点では、長岳寺の裏山にも遍路道が通っています。長岳寺にも多数の石仏が見られ、矢田寺との共通点が感じられます。長岳寺も矢田寺もどちらも真言宗に属するお寺ですよね。

矢田寺本堂

矢田寺本堂。

地蔵菩薩の根本道場として栄える矢田寺ですが、元々の本尊は十一面観音だったようです。現在は藤原時代初期の彩色を施された地蔵菩薩立像が「矢田地蔵」と称され、人々から篤い信仰を集めています。

矢田寺遍路道

どこまでも、どこまでも弘法大師様と共に歩く。

矢田寺遍路道は、自分自身を再確認する場所としてもおすすめです。黙々と歩みを進めて行く中で、「自分」というのは自然の分身である、そんなことを気付かせてくれるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年07月07日 09:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「神宝神社に祀られる熊野三神」です。

次の投稿は「法起寺三重塔に飛鳥時代を偲ぶ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.