« タカノハダイの味を噛み締める | HOME | イトヒキアジを焼魚で頂く »

アコウの竜田揚げを宿泊の夕食に

朱色の斑点が鮮やかなアコウ(キジハタ)。

関西地方では「夏のフグ」とも呼ばれる魚ですが、珍しくアコウが入荷したため、秋らしく竜田揚げにしてみることに致しました。

アコウの竜田揚げ

アコウの竜田揚げ。

南瓜の素揚げを手前に盛り、柑橘系のへべすを添えます。

醤油と酒で洗ったアコウの身を、たっぷり目の片栗粉でコーティングして170度の油で揚げます。高級魚のアコウとあって、その味は絶品です。

アコウの口

スズキ目ハタ科に属する魚のアコウ。

その口に注目してみると、下顎の出た受け口であることが分かります(笑)

アコウの文様

全身に朱色の斑点が見られます。

キジハタ(雉子羽太)という別名は、鳥の雉(きじ)のような文様を持つことに由来します。アコウはハタの仲間ですから、雉のような模様を持つハタという意味で名付けられています。

”夏のアコウの薄造り” で知られる魚ですが、さすがに今の時期は旬を過ぎているためか、さほど新鮮でもなかったため、竜田揚げという手法で調理してみることに致しました。

アコウの竜田揚げ

揚がった色合いが紅葉を思わせることから、紅葉の名所である龍田川にちなんで竜田揚げと申します。龍田川は奈良県内を流れる川として知られます。

奈良県北西部の生駒川が南下して、大和川に合流するまでの約16㎞の小さな流れを龍田川と言います。法隆寺の守護神である龍田神社を思い出します。昔から紅葉と流水をモチーフにした絵柄を龍田川文様と言い、椀や陶磁器などに描かれる模様として人気がありました。

アコウ

アコウの体の表面も、なぜか紅葉を思わせますよね。

漢字で書くと、赤魚(あこう)となります。背中の中央に黒っぽい大きな斑点が一つ見られるのが特徴です。浅い岩礁エリアに生息する魚で、比較的波の荒い浅場を好みます。

ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれないに 水くくるとは

在原業平の有名な短歌にも謳われる龍田川。

龍田川の情景に重なる赤い色合いが、なぜかアコウの体表の模様にも重ね合わせられます。

アコウのあら炊き

こちらはアコウのあら炊き。

あらからも実に美味しい出汁が出ています。

アコウは「雌性先熟」の性転換が見られる魚としても知られます。自然環境の中では、全長約40㎝になると雌から雄へ性転換します。面白い生態をしていますよね。

アコウ

尾びれの端が丸い形状をしているのもアコウの特徴の一つです。

本州南部以南で獲れるアコウは、北日本の方々には珍しく映るのではないでしょうか。限られた海の資源を大切にしながら、その味を堪能していきたいものですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年10月03日 10:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「タカノハダイの味を噛み締める」です。

次の投稿は「イトヒキアジを焼魚で頂く」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.