« アコウの竜田揚げを宿泊の夕食に | HOME | エノキの切り株と展示物@橿原考古学研究所附属博物館 »

イトヒキアジを焼魚で頂く

秋に旬を迎えるイトヒキアジの幼魚。

秋の宿泊キャンペーンでお泊り頂いたお客様に、イトヒキアジの焼魚をお出し致しました。

イトヒキアジ

糸引鯵(いとひきあじ)。

名は体を表すと申しますか、見た目そのままのネーミングが印象的なイトヒキアジ。スズキ目アジ科に属する魚で、ヒレから伸びる長いトゲは幼魚にのみ見られる特徴です。

値段も大変お手頃な魚で、仕入れ値は1尾300円ほどでした。

イトヒキアジの焼魚

イトヒキアジの焼魚。

宮崎県日向産の「へべす」を添えてお出し致します。

イトヒキアジの尻鰭

イトヒキアジの尻鰭。

背びれと尻びれが長いわけですが、これはヒレの柔らかいトゲ(軟条)が長く伸びたもの。なぜこのように長く伸びてしまったのか?その理由には諸説あって、その中の一つに、海中でゆらゆら揺れるクラゲを真似ることによって外敵から身を守るためとも言われています。いわゆる擬態ですね。

糸を引く鯵。

とても珍しいものを見せて頂きました。長い糸で連想するのが、三輪山神話にも語られる「最後に三巻き残ったとされる三輪の地名由来」のこと。縁結びの赤い糸にもつながり、恋人の聖地・三輪山麓を後押しします。

イトヒキアジの背びれ

イトヒキアジの背鰭。

尻びれと同じく、頭部に一番近いひれの部分から伸びているのが分かります。

運命の赤い糸ではありませんが、誰かとつながっていたいから伸びたのかもしれません。不思議なことに、成魚になると長いひれは短くなります。大人になれば必要ないけれども、子供の時には必要な長いひれ。幼魚の時代に、仲間同士を確認し合うために長く伸びたのではないかとも言われています。

イトヒキアジの焼魚

柑橘類のへべすの名前の由来が、購入した直売所の冊子に記されていました。

へべすの名前は江戸時代末期、日向・富高村西川内の長曽我部平兵衛さんの庭先で栽培されたことに因むようです。平兵衛さんの酢、ということで「へべす」になったいきさつがあります。水分豊富なへべすは焼魚にもよく合います。

イトヒキアジ

俎板の上に置くと、ひし形と言うか、ほぼ正方形に近い形をしています。

体の表面はどこかタチウオにも似ています。和歌山県の串本地方では、イトヒキアジのことをカガミ、あるいはカガミウオと呼んでいます。まるで自分の顔が映る手鏡のような魚は、どこか神秘的で魅力に満ちています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年10月07日 09:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アコウの竜田揚げを宿泊の夕食に」です。

次の投稿は「エノキの切り株と展示物@橿原考古学研究所附属博物館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.