大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

個室宴会を演出する菊花人参

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 興福寺北円堂 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 般若寺の水仙 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚 鶯塚古墳

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺 法起寺三重塔

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 金屋の石仏 箸墓古墳 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 法起院のはがき祈願 素盞雄神社の大銀杏 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 宇太水分神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 飛鳥坐神社の蝋梅 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 亀形石造物 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート 鬼の俎・鬼の雪隠古墳

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良県旅館大正楼(桜井市宿泊施設)

三輪明神 大神神社

奈良のドレスサロン アトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月02日

新年会予約は奈良県桜井市の大正楼

年が明けて新年会の会場探しをなさっている幹事さんも多いのではないでしょうか。大神神社御用達の料理旅館大正楼では、新年会のご予約も承っております。

ご予算はお一人様5,250円~12,600円の間で応相談とさせて頂きます。

今年の新年会は、三輪山の麓に位置する大正楼にてお待ち申し上げております。

お正月の大正楼

続きを読む "新年会予約は奈良県桜井市の大正楼" »

2013年01月03日

混雑状況が気になる大神神社の初詣

お正月三箇日ともなれば、初詣におでかけする人の数も多くなります。

大和のパワースポットとして名を馳せる大神神社の境内も、立錐の余地が無いほどの賑わいぶりでした。初詣に訪れたのは元旦の翌日の1月2日のお昼過ぎ。お正月三箇日に初詣を済ませたのは、実に10数年ぶりのことでした。久しぶりのことだったので、知らなかったのです・・・拝殿の手前で通行規制が掛かることを。

午年の大神神社初詣風景はこちら

大神神社の初詣

続きを読む "混雑状況が気になる大神神社の初詣" »

2013年01月04日

大神神社の龍馬鈴

大神神社のお守りの一つに龍馬鈴があります。

霊獣の龍馬(りゅうば)をモチーフにしたお守りで、人気の昇運守として知られます。龍馬といえば、幕末に活躍した坂本龍馬を思い出すのですが、坂本龍馬の名前の由来にも、果たして霊獣の龍馬が関係しているのでしょうか。天翔ける馬には、ペガサスにも似た神秘的な雰囲気が漂います。

龍馬鈴

続きを読む "大神神社の龍馬鈴" »

2013年01月05日

栗きんとんの意味を風水で解説

お正月のおせち料理には欠かせない栗きんとん。

漢字で書くと、「栗金団」となります。金団とは金色の団子といった意味合いになるでしょうか。財運や金運の上昇を願う縁起物のお料理として知られます。

栗きんとん

続きを読む "栗きんとんの意味を風水で解説" »

2013年01月06日

大神神社末社の貴船神社

水の神様を祀る貴船神社が三輪山の麓に鎮座しています。

狭井神社を北へ向かい、ささゆりの植えられた狭井川の畔を過ぎると、人間国宝でおなじみの月山日本刀鍛錬道場記念館が左側に見えて参ります。さらに細い石畳の道を通り抜けると、左側に軽食喫茶店の花もりさんがあります。お店の前を通り過ぎると、すぐ右側に貴船神社が秘かに鎮まっています。

貴船神社

続きを読む "大神神社末社の貴船神社" »

2013年01月07日

橿原神宮の結婚式

橿原神宮の挙式を控え、ご親族の皆様方にご宿泊頂くことも度々ある当館大正楼。三輪の大正楼から橿原神宮まではお車でおよそ15分ほど。JR万葉まほろば線を利用して、JR畝傍駅から橿原神宮へアクセスするという方法もあります。

昨年の12月末頃に橿原神宮にお参りしてきたのですが、崇敬会館の手前でブライダルフェアの案内を目に致しました。下見見学を兼ねた疑似結婚式とでも言うのでしょうか、様々な工夫が凝らされたブライダルフェアは結婚式を控えたカップルに人気があります。

橿原神宮の結婚式

続きを読む "橿原神宮の結婚式" »

2013年01月08日

桧原神社に建つ明治天皇第七皇女の歌碑

桧原神社の三ツ鳥居向かって左側に、明治天皇第七皇女の歌碑が建っています。

山の辺の道沿いにある万葉歌碑にも言えることなんですが、歌の意味を理解する前に、普段は聞き慣れない難解な古語に四苦八苦する方も多いのではないでしょうか。かく言う私もその内の一人です。

明治天皇第七皇女の歌碑

続きを読む "桧原神社に建つ明治天皇第七皇女の歌碑" »

2013年01月09日

車のお祓いもできる橿原神宮

橿原神宮の手水舎の手前に自動車のお祓い所があります。

建物の前に車の駐車スペースが用意されており、交通安全祈願に訪れる参拝客も多いようです。

車のお祓い所

続きを読む "車のお祓いもできる橿原神宮" »

2013年01月10日

飛鳥寺西方遺跡の発掘

飛鳥寺と甘樫丘の間に広がる飛鳥寺西方遺跡。

年末に飛鳥寺を訪れた時、飛鳥寺西方遺跡の発掘調査が行われていました。古代の遺跡が密集する飛鳥寺界隈ではよく見かける光景です。既にグリーンのシートが掛けられていて、中までは見学することができませんでしたが、遺跡の案内板に目を通しながら飛鳥時代の面影を追いかけます。

飛鳥寺西方遺跡

続きを読む "飛鳥寺西方遺跡の発掘" »

2013年01月11日

和装のかつら合わせは結婚式前に予約

当館大正楼では、結婚式当日のヘアメイクのご予約も受付中でございます。

大神神社の結婚式を予定されているカップルの皆様方は、大抵の場合が和装になります。和装ということは、かつら合わせの必要性が出て参ります。頭のサイズのみならず、その人に合った雰囲気のかつらを選んで頂く。一生に一度の晴れ舞台の結婚式を前にして、かつら合わせは大切な準備のひとつとなって参ります。

結婚式

続きを読む "和装のかつら合わせは結婚式前に予約" »

2013年01月12日

五色幕の意味を聖林寺に思う

千両、万両、南天の実が境内のあちこちに見られる聖林寺

霊園山(りょうおんざん)と書かれた額の下に五色幕(ごしきまく)が掛かっていました。全国各地のお寺で目にする五色幕は、仏教における五つの智慧を表しています。

五色幕

続きを読む "五色幕の意味を聖林寺に思う" »

2013年01月13日

黄泉が黄色い泉である理由@山の辺の道

山の辺の道を歩いていると、玄賓庵の北のせせらぎに高市皇子の万葉歌碑が建てられていました。

山吹の 立ちしげみたる 山清水(やましみず) 

酌(く)みに行かめど 道の知らなく

山の辺の道のせせらぎ

続きを読む "黄泉が黄色い泉である理由@山の辺の道" »

2013年01月14日

宴会は座敷ならぬ百枝槻の木の下で

奈良県立万葉文化館の庭に槻(つき)の木が植樹されています。

飛鳥寺西方遺跡の記事でもご案内致しましたが、古代には神聖な木として崇められていた槻。にれ科の槻は、ケヤキの変種・けやきの古名であるとガイドされていますね。

ももえつきのき

枝葉が繁茂する槻の姿を、「百枝槻(ももえつき)」と表現します。たくさんの枝が生える様子を百枝(ももえ)という言葉に託しています。

槻

続きを読む "宴会は座敷ならぬ百枝槻の木の下で" »

2013年01月15日

丘陵の高台から見学する鬼の雪隠がおすすめ

こんもりと盛り上がった丘陵へと続く道が用意されていました。

場所は猿石と聖徳中学校を結ぶ道沿い。鬼の雪隠から少し猿石側へ歩を進めた所に、遊歩道のような感じで階段が設けられていました。以前にここを訪れた時には無かったような記憶があります。飛鳥ウォーキングを楽しむ観光客のために、新たに作られたのかもしれません。

鬼の雪隠

続きを読む "丘陵の高台から見学する鬼の雪隠がおすすめ" »

2013年01月16日

成人式の二次会にハーブサーモンの巾着

成人式の二次会でご来館頂いたお客様に、アボカドの和え物を中に包んだハーブサーモンの巾着をお出し致しました。

ジンの風味付けに使われるジュニパーベリーがまだ残っていたので、生鮭をマリネする料理を思い付きました。料理の手順としては、まず鮭の中の水分を抜くことから始まります。

ハーブサーモンの巾着

続きを読む "成人式の二次会にハーブサーモンの巾着" »

2013年01月17日

団体旅行客の観光ルートにもなった久米寺

団体旅行で当館にご宿泊頂いたお客様の今回の目的地は、大神神社、長谷寺、それに橿原神宮近くの久米寺でした。久米寺は真言宗発祥の地とも言われ、真言宗御室派の仁和寺別院として知られます。

仁和寺といえば、金閣寺で知られるきぬかけの路沿いに建つ大寺院です。紫陽花のお寺のイメージが強い久米寺ですが、仁和寺と深い関係にあることをご存知の方はそう多くはないのではないでしょうか。仁和寺の広大な境内に比べれば、久米寺の寺域はこぢんまりと小さくまとまっています。

久米寺本堂

続きを読む "団体旅行客の観光ルートにもなった久米寺" »

2013年01月18日

結婚式二次会の幹事のスピーチ

結婚式や披露宴に出席できなかった友人たちを招待して、フレンドリーな雰囲気の中、自由に羽を伸ばして楽しむ結婚式二次会。当館大正楼では、客室や大広間を結婚式二次会会場としてもご利用頂いております。

会場装花

続きを読む "結婚式二次会の幹事のスピーチ" »

2013年01月19日

元興寺の扇塚

物にも魂がある。

そんなことを感じさせる塚が、世界遺産元興寺の境内にあります。

塚といえば、要するにお墓のことですが、元興寺の扇塚も「扇の眠るお墓」という解釈で間違いはないものと思われます。

扇塚

続きを読む "元興寺の扇塚" »

2013年01月20日

恋愛結婚の披露宴スピーチ

結婚披露宴のスピーチを頼まれた人は、あれやこれやと頭の中で話の内容を組み立てていくことになります。起承転結をはじめとするスピーチの骨格を作り上げる前に、ご法度となる言葉遣いのポイントを押さえておく必要があります。

会場装花

続きを読む "恋愛結婚の披露宴スピーチ" »

2013年01月21日

神御前神社

大神神社の摂社のひとつに神御前神社(かみのごぜん じんじゃ)というお社があります。

神御前と言うからには、神様の前に位置する神社という解釈が成り立ちますが、確かに神体山・三輪山の御前に神御前神社は建っています。

神御前神社

続きを読む "神御前神社" »

団体観光の知多バスを大神神社参道に見る

巳年の大神神社。

例年にも増して参拝客の多さを感じる今日この頃ですが、空き時間に大神神社の参道を歩いていると、列を成して進む大型観光バスが目に付きます。その中に、CHITA BUS と書かれた車体が目に留まりました。バスの名前から推測すると、名古屋市の南に突き出た半島である知多半島からやって来た観光バスではないでしょうか。

知多バス

続きを読む "団体観光の知多バスを大神神社参道に見る" »

2013年01月22日

鏡王女の万葉歌@桧原神社の休憩処

山の辺の道を散策中、桧原神社の鳥居西側にある休憩処で一服することに致しました。

店内に入ると、藤原鎌足の正妻として知られる鏡王女の万葉歌が掲げられていました。山の辺の道沿いにはたくさんの万葉歌碑が建っていますが、店内の壁に掛けられている鏡王女の万葉歌碑は、忍坂街道にある舒明天皇陵の近くにあります。

鏡王女の万葉歌

続きを読む "鏡王女の万葉歌@桧原神社の休憩処" »

2013年01月23日

茅原大墓古墳から眺める大和の風景

桧原神社から西へ下り、そこから南へとって大神神社の参道へ戻る途中、右手にこんもりと盛り上がる墳丘を見つけました。その墳丘が国の史跡に指定されている茅原大墓古墳であることを、道路脇の案内板で知ることになります。

茅原大墓古墳。

古墳の名前は以前から聞いていましたが、墳丘に登るのは今回が初めてでした。

箸墓古墳

続きを読む "茅原大墓古墳から眺める大和の風景" »

2013年01月24日

十輪院地蔵菩薩に三道を拝観

十輪院の南門を入ると、すぐ左手に休憩処があります。

お不動さんのお堂手前にある休憩処の中に入ると、十輪院の石仏龕の写真が壁に貼られていました。

十輪院の石仏龕

続きを読む "十輪院地蔵菩薩に三道を拝観" »

2013年01月25日

サークル合宿におすすめの万葉の丘スポーツ広場

奈良県桜井市の宿大正楼は、団体旅行や合宿の宿泊施設としてもご利用頂いております。

合宿予約のお客様がよくご利用になられているのが、桜井市芝にある芝運動公園です。芝運動公園の他にも、橿原市にある万葉の丘スポーツ広場をおすすめしたいと思います。当館大正楼から芝運動公園までは徒歩5分、万葉の丘スポーツ広場へのアクセスはお車で10~15分となっています。

万葉の丘スポーツ広場

続きを読む "サークル合宿におすすめの万葉の丘スポーツ広場" »

2013年01月26日

大神神社末社の富士・厳島神社

桜井市茅原に鎮座する神御前神社のすぐ北側に、大神神社末社の富士・厳島神社が鎮まります。

富士神社の御祭神は、富士の浅間神社にも祀られる木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)です。山の神として知られる大山祇神(おおやまつみのかみ)の娘に当たるコノハナサクヤヒメ。山の精霊の御子が、神体山である三輪山の麓に祀られていることに、何か必然的なものを感じます。

富士・厳島神社

続きを読む "大神神社末社の富士・厳島神社" »

2013年01月28日

法事におすすめの黒胡麻豆腐

1月末に法事の予約が入り、大人数でご会食頂ける二階の大広間をご準備させて頂きました。新年会の多い1月ではありますが、親類縁者の集まる法事の数も結構増えて参ります。一月のことを睦月と申しますが、読んで字の如く、「仲睦まじくする月」ということに由来するのでしょうか。

会食会場

続きを読む "法事におすすめの黒胡麻豆腐" »

2013年01月29日

イベント会場に出張するレッドブルの宣伝車

昨年の勤労感謝の日の翌日、エナジードリンクで有名なレッドブルジャパンの御一行様にご宿泊頂きました。桜井市内のイベント会場に出張するため、レッドブルの宣伝車が当館の駐車場に停まっています。やはり迫力がありますよね。

レッドブルの車

続きを読む "イベント会場に出張するレッドブルの宣伝車" »

2013年01月30日

御陵餅を崇神天皇陵で食べる

黒塚古墳展示館の駐車場に車を停めて、山の辺の道から少し西に外れた観光スポットを散策してみることにしました。国道169号線を桜井市から天理市へ向かうこの辺りは、日本でも指折りの古墳密集地帯として知られます。

古事記や日本書紀にも、「はつくにしらすすめらみこと」と記される第10代の崇神天皇は、初期大和政権を治めた天皇として後世に語り継がれます。そんな崇神天皇の陵(みささぎ)の真ん前に、御陵餅本舗というお店があります。

御陵餅

続きを読む "御陵餅を崇神天皇陵で食べる" »

建勲神社の織田氏@天理市伊射奈岐神社

柳本藩主であった織田氏により勧請されたのでしょうか。

天理市柳本町天神山に鎮座する伊射奈岐神社の境内に、織田信長を祭神とする建勲(たけいさお)神社が鎮まります。

長岳寺の飛び地境内に建つ五智堂を見学し、国道沿いに南下すると、右手に御陵餅を売る御陵餅本舗が見えて参ります。名物のお餅を食べながら崇神天皇陵で一服した後、さらに南へ進むと伊射奈岐神社の鳥居が視界に入って来ます。鳥居をくぐって境内に入ると、左手に本殿と拝殿が並び建ち、拝殿向かって左側に建勲神社が静かに鎮座していました。

建勲神社

続きを読む "建勲神社の織田氏@天理市伊射奈岐神社" »

2013年01月31日

長岳寺五智堂の梵字額

山の辺の道の長岳寺から西へ1㎞ほど行った所に、五智如来を表す梵字額が掲げられた五智堂と呼ばれるお堂があります。お堂とは言っても建物には壁も無く、まるで一本足の案山子のように建っているお堂で、別名を傘堂とも言います。

金剛界五仏を表現する梵字には以前から興味があったので、山の辺の道のルートから少し西に外れることになりますが、一度見学してみることにしました。寄り道とは言っても、五智堂周辺には黒塚古墳や伊射奈岐神社などもあり、有意義な歴史散策が楽しめそうです。

無量寿如来 キリーク

続きを読む "長岳寺五智堂の梵字額" »

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

長谷寺の紅葉

大神神社初詣の混雑状況

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34

About 2013年01月

2013年01月にブログ「大神神社御用達の大正楼」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34