« 飛鳥寺の芙蓉 | HOME | シュウカイドウの花 »

薬師寺の紫式部

薬師寺の紫式部をご案内致します。

與樂門を入って北受付(唐院)で拝観料を支払い、大宝蔵殿へ向かう途中の両脇に見事な紫式部が!

薬師寺の紫式部

紫色の実をびっしりと付けています。

小紫とよく似ていますが、小紫に比べ背が高くやや大型の実を付けます。

小紫はその実を枝に沿って固まるように付けるのに対し、紫式部の実は比較的バラバラに付くのが特徴です。

薬師寺の紫式部

紫式部の花言葉は「上品」。

紫式部という名前から、かの有名な「源氏物語」の作者を思い浮かべてしまいますよね。

紫式部という名前の由来ですが、紫色の実をびっしりと付けることから、「紫重実(むらさきしきみ)」あるいは「紫敷き実(むらさきしきみ)」と呼ばれていたようです。

それがいつの間にか、「紫式部」と言うようになったという説があります。

邪鬼 薬師寺

薬師寺中門の仁王像に踏み付けられる邪鬼。

邪鬼ってどこかユーモラスですよね。笑ってはいけないんですが、なぜか頬が緩んでしまいます。

白式部

鐘楼から東院堂へ向かう東回廊沿いには、白い実を付ける白式部が見られました。

紫式部に白式部・・・何とも風流な光景です。

薬師寺金堂

薬師寺金堂。

金堂の前にステージが設けられていますね。

金色に輝く擬宝珠が印象的です。

扉が開けられて、中に収められている薬師三尊像が垣間見えます。

薬師寺の紫式部

別名を実紫(みむらさき)と言います。

収穫の秋にふさわしく、たわわに実った実を枝いっぱいに付けています。

法相宗大本山薬師寺へのアクセスは、近鉄橿原線西ノ京駅下車すぐとなっています。

薬師寺東院堂 国宝の聖観音菩薩像を拝観しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

鎌の謎!談山神社の紅葉

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年10月07日 08:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「飛鳥寺の芙蓉」です。

次の投稿は「シュウカイドウの花」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2020 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.