« 蛇の目菊 | HOME | 薬師寺の紫式部 »

飛鳥寺の芙蓉

飛鳥寺に芙蓉の花が咲いていました。

芙蓉は夏から秋にかけて開花するアオイ科フヨウ属の花です。

飛鳥寺の芙蓉

奇麗な花ですね。

原産地は日本、台湾、中国などの東アジア地域とされます。日本でもとりわけ、四国・九州・沖縄などの比較的暖かいエリアが原産地となっています。

寒さにはやや弱い樹木のようですね。

飛鳥寺の芙蓉

本堂前の両脇に芙蓉の花が咲き誇ります。

芙蓉の花は朝開いて夕方にしぼむ一日花として知られます。

飛鳥寺の芙蓉 つぼみ

拝観口の前で芙蓉のつぼみらしきものが!

芙蓉の一つの花自体は短命ですが、最盛期になると、毎日新しい花を途切れなく咲かせてくれます。

飛鳥のヒガンバナ

明日香村のヒガンバナ。

背後にかすかに見えるのは大和三山の香久山です。

飛鳥寺の芙蓉

本堂前に咲く芙蓉。

飛鳥寺の本堂には、日本最古の仏像として知られる飛鳥大仏が坐しておられます。芙蓉の花をさぞご覧になられたいのではないでしょうか。

飛鳥寺の萩

萩の花も咲いていました。

秋を感じさせる光景があちらこちらに見られます。

芙蓉の葉に付く毛虫

おっ、芙蓉の葉っぱに毛虫が這っています!

自然を身近に感じることのできる飛鳥ならではの光景です。

飛鳥寺本堂 芙蓉

飛鳥エリアで芙蓉といえば、橘寺の酔芙蓉が有名ですよね。

咲き始めは白色で、時間が経過するにつれてピンクがかってきて、夕方しぼむ頃には濃いピンク色になるという八重咲きの酔芙蓉。

芙蓉の変種ですが、色の変化を楽しめるロマンチックな花です。

徐々に花の色が赤みがかってくることから、酔った状態に例えられて命名されています。なぜかお寺の拝観でよく目にするびんずる尊者を思い起こさせます。

飛鳥寺の本堂は拝観料が必要ですが、境内の拝観は無料です。

飛鳥寺の芙蓉を観賞しに行きましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2010年10月06日 09:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「蛇の目菊」です。

次の投稿は「薬師寺の紫式部」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック Instagram

Copyright © 2010-2022 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.