大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良ドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 団体観光の知多バスを大神神社参道に見る | HOME | 茅原大墓古墳から眺める大和の風景 »

鏡王女の万葉歌@桧原神社休憩処

山の辺の道を散策中、桧原神社の鳥居西側にある休憩処で一服することに致しました。

店内に入ると、藤原鎌足の正妻として知られる鏡王女の万葉歌が掲げられていました。山の辺の道沿いにはたくさんの万葉歌碑が建っていますが、店内の壁に掛けられている鏡王女の万葉歌碑は、忍坂街道にある舒明天皇陵の近くにあります。

鏡王女の万葉歌

鏡王女の万葉歌碑。

  • 秋山之 樹下隠 逝水乃 吾許曽益目 御念従者
  • 秋山の 木の下隠り 行く水の 我れこそ益さめ 御思ひよりは
  • あきやまの このしたがくり ゆくみづの われこそまさめ みおもひよりは

万葉歌の最後に「孝書」と書かれているのは、万葉学者の犬養孝先生のことでしょうか。飛鳥の岡寺、石舞台古墳の近くに犬養万葉記念館があることでも知られる万葉学の大家です。その先生による揮毫なのでしょうか。

鎌足の正妻になる前は、天智天皇の妃でもあった鏡女王。

天智天皇の父親が舒明天皇であることを思うと、万葉歌碑の建立された場所にも納得がいきますよね。

この歌に込めた作者の心情は、「我れこそ益(ま)さめ」という言葉に集約されます。われこそまさめとは、私の方こそ勝っているのよという意味になります。あなたへの強い想いは、私の方こそ勝っているのよ、と。

桧原神社の休憩処

桧原神社の休憩処。

「春夏冬中」のお札が掛かっていますね。

春夏冬中とは、つまり「秋が無い」を意味し、「商い中」を暗示します。なるほど!と思わせる漢字遊びなのですが、商いの語源は「秋に行う」ことに由来していることを考えると、なんだか禅問答のようで頭の中が混乱してしまいます(笑)

さらに歌の解釈の続きですが、木の下隠り(このしたがくり)という言葉にも注目してみたいと思います。

古語の世界では、木陰のことを木の下陰(このしたかげ)と表現します。木の下露(このしたつゆ)などという言葉もあり、どこか奥ゆかしい風情を感じさせます。秋山ので始まる歌ですから、紅葉や落葉の情景が目に浮かびます。木の下に隠れて見えない水の流れに、自身の想いを重ねます。あなたへの私の強い想いは表には出ないけれども、水の流れのようにひたひたと続いているのです。そんな風に解釈できるのではないでしょうか。

大神神社の七五三

七五三の案内看板の向こう側に、大神神社の大鳥居を望みます。

桧原神社は大神神社の摂社の一つに数えられます。

ソフトクリーム

桧原神社の休憩処でソフトクリームを注文してみました。

抹茶、バニラ、栗の中から栗のソフトを注文したのですが、残念ながら在庫が切れていたためバニラのソフトを購入することになりました。

男女の仲を行き交う想いは、古代も現代も変わらぬものがあります。

自分の想いの方が相手よりも強いのではないか?いや、そうに決まっている。どこかやるせない恋慕に打ちひしがれる鏡王女の姿が浮かび上がります。私と同じぐらいに想ってくれているのだろうか、そんな不安を抱くのは今も昔も変わらないようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年01月22日 08:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「団体観光の知多バスを大神神社参道に見る」です。

次の投稿は「茅原大墓古墳から眺める大和の風景」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.