大神神社御用達 料理旅館大正楼

奈良の宿大正楼

奈良公園周辺観光

東大寺戒壇院 春日大社 手向山八幡宮の立絵馬 不空院の縁切り 五劫院 奈良豆比古神社 十輪院の魚養塚

薬師寺周辺観光

薬師寺の法話 薬師寺の紫式部 唐招提寺の戒律 唐招提寺の鴟尾 秋篠寺

斑鳩周辺観光

法隆寺夢殿 世界遺産法隆寺 龍田神社 藤ノ木古墳 吉田寺

山の辺の道周辺観光

パワースポット石上神宮 額田王の万葉歌碑 長岳寺の杜若 五智堂の梵字額

大神神社周辺観光

大神神社の桜 桧原神社の三ツ鳥居 玄賓庵 三輪山登山 三輪坐恵比須神社の湯立神楽

安倍文殊院周辺観光

安倍文殊院のコスモス 艸墓古墳 等彌神社の紅葉 土舞台 山田寺跡 聖林寺の十一面観音 談山神社の紅葉

長谷寺周辺観光

長谷寺の牡丹 十二柱神社の相撲取り 白山神社

宇陀市周辺観光

室生寺 墨坂神社 八咫烏神社 大野寺 仏隆寺 阿紀神社

橿原神宮周辺観光

橿原神宮 懿徳天皇陵 今井町 おふさ観音のバラ 藤原宮跡 本薬師寺跡のホテイアオイ JR畝傍駅貴賓室

飛鳥寺周辺観光

飛鳥寺 奈良県立万葉文化館 橘寺の芙蓉 酒船石の謎 石舞台古墳の夜桜 高松塚古墳の下駄アート

宿泊・宴会案内

結婚式ブライダル情報

奈良のレトロ旅館大正楼

三輪明神 大神神社

奈良ドレスサロンアトリエステディ

京都片泊まり観光案内

大阪観光USJガイド

塩原温泉 彩つむぎ

« 銀竜草が見頃の大神神社 | HOME | 璉珹寺のニオイバンマツリ »

興福寺南円堂の国宝特別公開で第三の目を拝観

興福寺の南円堂創建1,200年を記念して開催されている国宝特別公開2013。

招待券を手にして、晴れ渡る初夏の興福寺を訪れてみました。

興福寺南円堂とエコバッグ

記念品として進呈された緑色のエコバッグと共に、重要文化財の興福寺南円堂を撮影。

記念のエコバッグには、雲のたなびく興福寺五重塔と、北円堂らしき建物の周りに鹿が四頭デザインされています。英語で、KOHFUKUJI TEMPLE SPECIAL EXHIBITION OF NATIONAL TREASURES 2013 と記され、2013年度の記念グッズであることを証明しています。

エコバッグの他にも、再建中の中金堂で使用している材木の余材を刻み、それに白檀、龍脳等々の天然香料を配合したにおい袋を頂きました。帰宅後に机の引き出しに入れておきましたが、今も心落ち着く香りを放ちます。

興福寺国宝特別公開のパンフレット

興福寺国宝特別公開のパンフレット。

「ここでなら、通じる祈りがある」のキャッチフレーズと共に、南円堂のご本尊である不空羂索観音像が表紙に採用されています。眉間にも目があり、第三の目を持つ国宝の仏像です。

興福寺三重塔

南円堂から望む興福寺三重塔

興福寺境内の中では目立たない場所に建つ国宝の三重塔。このアングルから三重塔を見るのは初めてです。例年であれば、毎年10月17日のみに一般公開される南円堂ですから、滅多なことではこの角度から三重塔を眺めることはできません。

南円堂の中へ入る前に、この場所でしばし立ち止まってしまいました(笑)

復元工事中の興福寺中金堂

南円堂をぐるっと回ると、入口近くのスタッフの方が見えて参りました。向こう側に復元工事中の中金堂が見えます。南円堂の後に拝観させてもらった北円堂の周りも工事が進められていて、大がかりな再建工事が興福寺全体で順調に行われている様子が伺えます。

不空羂索観音像の第三の目

不空羂索観音菩薩坐像の第三の目が確認できます。

鎌倉時代の康慶作の仏像。

康慶は鎌倉時代の名仏師・運慶の父に当たる人物です。

射抜かれるような第三の目。ありとあらゆる衆生を救うために最善の策を練られているような、優しくて鋭い目です。縦長にぎゅっと額に走る目は、お顔全体の表情を引き締めています。

不空羂索観音菩薩坐像が身にまとう鹿皮は、藤原氏の氏神である春日大社との関係において、特に藤原氏の信仰を集めていたと伝えられます。

興福寺南円堂の藤

南円堂の前の藤棚には、綺麗な藤の花が垂れ下ります。

西国三十三所の第九番札所である興福寺南円堂。弘仁4年に当たる813年に藤原冬嗣が父内麻呂追善のために建立しました。

興福寺五重塔と奈良の鹿

興福寺五重塔の前には、いつものように奈良公園の鹿が戯れています。

5月ということもあってか、興福寺境内には多くの修学旅行生の姿が見られます。いつの時代も、奈良の鹿は修学旅行生たちのアイドルです。

興福寺の不空羂索観音菩薩坐像

髪の毛を高く結い上げる不空羂索観音菩薩坐像。

頭上に頂く宝冠には、阿弥陀如来の化仏を付けています。

ご本尊の周囲には、これも国宝の四天王立像が佇みます。東に持国天、南に増長天、西に広目天、北に多聞天が配置され、中央の空羂索観音菩薩坐像を守護しています。

興福寺を拝観した後、奈良町を抜けて南へ進み、璉珹寺に咲くオオヤマレンゲの蕾を観賞致しました。開花まではもう少し掛かるとのことで、タイミングをずらしてまた訪れてみたいなと思います。

<興福寺の関連情報>

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良の旅館大正楼

大正楼宿泊・宴会、大神神社結婚披露宴予約フォーム

お問合わせ窓口 ; TEL 0744-42-6003

奈良の旅館大正楼

奈良の宿大正楼 奈良県宿泊施設

奈良の宿 料理旅館大正楼

飛鳥、長谷寺、山の辺の道が最寄りの和風料理旅館。 大和国一之宮大神神社へ徒歩5分の立地。ご宿泊、ご宴会の他にも、結納、法事、結婚披露宴等のお食事予約も承っております。

空室情報  大神神社の結婚式

地図 客室 会食のみの婚礼進行

宿泊プラン 宿泊予約フォーム

〒633-0001
奈良県桜井市三輪459
JR万葉まほろば線三輪駅前通り

TEL:0744-42-6003

季節の便り

安倍文殊院の桜

雄略天皇の逸話!蜻蛉の滝

求人情報

奈良県桜井市のアルバイト募集

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34
About

2013年05月09日 09:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「銀竜草が見頃の大神神社」です。

次の投稿は「璉珹寺のニオイバンマツリ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
奈良の宿大正楼の主人でございます。ツイッターやフェイスブックにも参加中です!
奈良の観光情報をどんどん発信して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

大神神社御用達の大正楼  大正楼ツイッター 大正楼フェイスブック 大正楼グーグルプラス Instagram

Copyright © 2010-2019 奈良の旅館大正楼 All rights reserved.